top of page

相続対策を早くしないといけない3つの理由

更新日:2021年1月3日

相続対策は早くしないと意味がなくなりますよ!





はやく!早く!速く!それが必勝法


相続対策を早くしないといけない大きな理由は3つあります。



理由1,相続人が相続開始前3年以内に被相続人から贈与を受けた財産については相続財産に含めて計算しなくてはならない


早めに贈与しておかないと、相続税の計算に含まれてしまうのです。




理由2,本人が病気になってから、あるいは亡くなる直前になってから養子縁組をしたり、借金をして不動産を購入したりすると税務署とトラブルになる可能性がある


ぜひ、元気で判断力があると客観的にみなされているうちに相続対策をするようにしてください。



理由3, 年間100万円以内の贈与には贈与税がかかりません(2020年11月現在)


コツコツ贈与していたら10年で1000万円贈与税なしで贈与できるわけです。コツコツ贈与にはとにかく期間が必要なので、これも早くから始めるとよいですね。

例えばご自身が103歳まで生きるとみなされたとしたら、70歳からコツコツ贈与を始めて100歳になりやっと3000万円、まるごと税金無しで贈与できるというわけですね。



以上のような理由から、思っていた以上に早く始めたほうが良いなぁと思っていただけましたでしょうか。

子供世代が相続税で苦しまないように親世代が先回りして動いてあげたいものですよね。


#税金対策 #相続税 #相続対策

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page